UNHCR駐日事務所と国連UNHCR協会は、家を追われた人々の置かれた状況や逆境に立ち向かう強さなど、難民一人ひとりの物語を日本で伝えるために、今年も難民映画祭を開催いたします。難民はどこか遠くの場所にいる人々ではなく、共に生き、支え合う仲間であることが、映画を通じて実感できるはずです。
今年の映画祭のテーマは「観る、という支援」。どうぞ映画祭に足を運んでいただき、まずは観ることから、難民支援の輪に加わってください。